汗臭いのとワキガは違うの?

誰でも多かれ少なかれ体臭はある物です。中でも陰部がくさい場合は、すそわきが 対策 をしたほうがいいです。
薄着の時期になるとどうしても臭いに敏感になってしまう人も大勢います。特に夏場、気にする方が良いのが汗の臭いとワキガの臭いです。
どちらもあまり良い臭いではありませんが、両者には大きな違いがあるのをご存知ですか。

まず汗自体は元々気になるような臭いがするわけではありません。
通常の汗は体全体に分布しているエクリン腺から出てきますが、殆どが水分となっているので臭いを気にする必要はないと言って良いでしょう。
しかしそこに古い皮脂や角質があると、それらを雑菌が分解してくれます。そうして分解される時に、あの独特の汗臭い臭いが発生する事になります。
それを予防する為には、汗をかいたらすぐにタオルなどでふき取ったり、必要な場合はシャワーを浴びる様にしましょう。そうすれば汗臭い臭いが発生する事はかなり減ります。

しかしワキガの場合は単なる汗臭いのとは違います。ワキガの場合、汗はアポクリン腺から出て来ます。ココから出てくる汗には脂質やタンパク質等が多く含まれていて、それを雑菌が分解する時にあの独特の臭いが発せられます。
アポクリン腺は脇・性器周辺・耳の後ろなどに多く分布する汗腺なので、ワキガの臭いは特定の部分でしか感じられないという事になるのです。

あまり良くない臭いだという事では共通している汗臭さとワキガですが、実際には臭いが発生する部位、汗の成分、臭いの種類等様々な点で違いがあります。

食べ物とワキガの関係について

人間は食べたもので出来ていますから、食べ物とワキガについても関係があります。毎日の食生活でワキガの状態に変化があることは十分に考えられます。その原因として考えられるのが動物性脂肪などの脂肪分です。なぜなら、ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗であり、その成分で多いものが脂質であるからです。アポクリン汗腺を刺激するような食べ物を食べ過ぎてしまうと、自分で原因を増やしてしまうことになります。アポクリン汗腺を刺激するようなものを食べ続けていれば、どんどん臭いが気になってきます。そのため、肉や脂っぽい食事が多い方の場合、別の対策を色々としていても、その効果は薄れてしまうことになります。

動物性脂肪がよくありませんので、肉や乳製品などはあまりよくありません。乳製品はスイーツやピザなど様々な食べ物に使われているため、意識していないけれど沢山食べているということも考えられます。ラードやバターなど動物性の油脂は控えたほうが良いです。また、リノール酸も控えたほうが良いため、リノール酸が多く含まれているマーガリンやマヨネーズ、スナック菓子なども控えたほうがよいです。

決定的な対策にはなりませんが、食生活を改善することで臭いを軽減できることが期待できます。動物性脂肪を減らすためには、肉や乳製品を控えるほうが良いですが、だからといって栄養バランスが悪くなっては困ります。栄養バランスは崩さないように肉を控えて魚を増やすなどの工夫をしましょう。

ワキガは他人へうつるの?

友人や会社の同僚など自分の近くにワキガの人がいると、もしかしたらうつるのではないかと思ってしまうことがあるかもしれませんね。ワキガの人から衣類を借りたり一つ屋根の下で生活していると、うつることはあるのでしょうか。
実際にはワキガが他人にうつるということはありません。風邪やインフルエンザといった感染症とは違い、元々の体質として体に備わっているのです。そのためうつることはありませんから、身近にワキガの人がいたとしても避けるようなことはしないように気を付けなければなりませんね。
自分自身がワキガで悩んでいるという人も少なくないでしょう。自分のニオイには気付きにくいものですが、周囲の反応からニオイを発していることは分かるはずです。

コンプレックスとなって長年悩んでいるなら、思い切って医療機関で治療を受けてみましょう。美容皮膚科や美容外科に行くと専門的な治療を行っている医師がいるので、安心して任せることができます。
汗を出す汗腺にはエクリン線とアポクリン線がありますが、治療を行うのはアポクリン線です。重度の症状に悩まされている場合は切開してアポクリン線を取り除きます。最近はレーザーによる治療もおこなわれており、切開した時のような傷跡が残らないというメリットがあります。
手術を受ける程の症状ではない場合は、ワキの下に直接塗布する治療でもいいでしょう。医療機関から処方された医薬品を塗るだけですから安心ですし手軽に受けられます。

ワキガのデオドラント商品は効くの?

ワキガのニオイを抑える方法として、市販のデオドラント商品を利用している方も多くいらっしゃいます。ワキガのニオイの原因の多くは雑菌の繁殖によるもので、殺菌作用のある製品であれば、ある程度ニオイを防ぐことが可能です。

デオドラント製品に使用される代表的な成分として、ミョウバンがあげられます。天然の結晶であるミョウバンは、食品添加物としても利用されており、安全性の高い成分であり、古代ローマから消臭剤として使用されていたといわれています。水分を含むと酸性になる性質があり、汗ばんだ肌に細菌が繁殖するのを防ぎます。また、肌の収れん作用も持っており、毛穴を引き締めることで汗の量を減らすことができます。
ミョウバンに近い成分に、アルミニウム塩があります。こちらも殺菌・制汗作用がありますが、特に汗を抑える効果が強いといわれており、様々なデオドラント製品に配合されています。

それ以外の成分には、イソプロピルメチルフェノールなどがあります。この成分にも殺菌作用があり、肌を清潔に保つことで、ニオイの発生を抑えることが可能です。

デオドラント製品の多くは殺菌・消臭・制汗効果をもたらすものであり、ニオイやすい汗を分泌するアポクリン腺そのものに作用することはありません。しかし、汗をかいてしまう前からこまめに塗るなどのケアで、ニオイを抑えることができます。
ワキガ体質そのものを改善できるものではありませんが、使い方次第でニオイ対策が可能です。

ワキガ対策にミョウバン水

ワキ下を殺菌することで、雑菌の繁殖を抑えることができます。
悪臭の原因となるのは汗と雑菌ですが、どちらか一方が存在するだけでは強い臭いにはなりません。
ミョウバン水を使用することでワキを清潔にし、汗を無臭化してくれるのです。
汗をかいても雑菌が存在しなければ、ワキガ特有の悪臭が出ることはありません。

ワキガ対策のデオドラントグッズの多くは、臭いをごまかすものが中心です。
いわゆる香水タイプであり、シトラスやミントなどの爽快系の香りで悪臭をごまかすのです。
しかし、この方法の場合はワキガとデオドラントが混合することで、不快な臭いに変化してしまうことがあります。
そのたびにスプレーをしたり、クリームを塗ったりする必要があるので、体臭対策の費用も高上がりになります。

ミョウバン水のメリットは、臭いの原因を元からカットすることにあります。
無臭状態を維持できれば、デオドラントグッズを使用する必要はありません。
臭いはひとたび発生してしまうと、完全に消すには洗浄するしかないのです。
いかに無臭状態を長く維持させるかがワキガ対策のポイントなのです。

ミョウバン水を使用するタイミングは入浴後です。
ワキ下をよく洗浄して汗を完全に落とし、入浴後はほてりを解消させます。
入浴後は汗をかきやすくなっているので、10分程度時間を置いてから塗るのが好ましいです。
そしてワキを乾燥させればワキガ対策は完了です。

ワキガとストレスの関係

ワキガには遺伝的な要素が強いのですが、親族にワキガの人がいるからと言ってすべての人がワキガの臭いに悩んでいるわけではありません。食生活やメンタル面のコントロールなどで手術まで行かなくてもしっかり対策することは可能なのです。あまり気に過ぎるとこれが新しいストレスとなってますます臭いが強くなってしまうのであまり思いつめないことが大切です。
人間はストレスや極度の緊張に晒されてしまうと汗を大量にかいてしまいます。手汗で手のひらがぐっしょりと濡れてしまったり、冷や汗や脂汗が出てしまった経験のある人も中にはいることでしょう。この汗にワキガを強める原因があるのです。

ワキガはアポクリン腺という部位が刺激されて働きが活性化してしまうことで発生します。直接的な要因はこのアポクリン腺なのですが、精神的な状態に大きく働きが影響されてしまうのです。脇汗そのものはエクリン腺が発生させてしまいますが、こちらは臭いには直接かかわり合いはないものの脇汗が増えると臭いが広がってしまいますし、脇に雑菌が増えやすくなってしまうことで新たに臭いが強まる原因にもなってしまいます。
ストレスの原因は個人だけではなくすのは困難ですが、生活習慣を改善することはメンタルトレーニングでストレスに強い自分になることはできます。ワキガを気にしすぎるとこれ自体が精神的な負担になって臭いを強めかねないので、気楽に構えながら対策していくといいでしょう。

ワキガの原因はこれ

ワキガの嫌なニオイの原因は、多くの場合雑菌の繁殖にあります。人間の腋にはアポクリン腺と呼ばれる汗腺があり、そこから汗や皮脂などが分泌されますが、その分泌物に菌が繁殖し、ニオイの元となっています。

アポクリン腺は誰にでもあるものであり、その量や大きさなどによって、「ワキガ体質」かそうでないかが決まるといってよいでしょう。また、アポクリン腺は腋だけでなく、耳の中にも存在しています。あくまで目安ですが、耳の中が湿っている・耳垢がゆるいタイプの人は、ワキガ体質の可能性があるといわれています。

細菌の繁殖がニオイの原因となっていますから、体質だけでなく腋の下の状態によってもニオイの強さは変わります。湿っている・清潔でない状態であれば、菌が繁殖しやすくよりニオイが出やすいといえるでしょう。また、腋のムダ毛が濃かったり、処理をしていない場合も、熱や湿気がこもり、ニオイも発生しやすくなります。

また、アポクリン腺がそれほど多くない人でも、辛いものやアルコールを摂ることで、発汗量が増しニオイが出やすくなります。それ以外に、乳製品なども体臭を強める作用があるといわれています。

ワキガの原因が身体でなく、汗を吸った衣類にある場合も多くあります。汗を吸い込んだ繊維にも、腋と同じように細菌が繁殖してしまうからです。こまめに着替えて洗濯することでニオイの発生は防げますが、難しい場合は腋用のパットや衣類スプレーで対策ができます。

ワキガを改善する方法

ワキガは遺伝性なので諦めるしかないと思っている人がいますが、実は遺伝性の物以外にも複数の要因が絡み合っているので、要因によっては改善することも可能ですから、諦めないことが大切です。香水で誤魔化すことも間違ってはいませんが、夏場などは香水の香りが様々なにおいと絡んで逆効果になることもなるので根本的な改善方法が望まれます。
ワキガは精神的な状態で起こりやすくなります。極度の緊張やストレスがアポクリン腺やエクリン腺の働きを促してしまい臭いが発生してしまうからです。ストレス解消のための趣味などをいくつか持つようにしたり、ストレスを感じないように思考を改めるトレーニングをすることも有効ですし、臭い対策以外にもメンタル面の安定にも効果的です。
一番ワキガ対策で簡単に行えるのは食生活の見直しです。食生活の欧米化はあらゆる健康リスクをもたらしますが、ワキガの悪化にも関わっています。肉類中心のメニューや乳製品の過剰摂取はワキガを発生させる皮脂腺の働きを高めてしまうのでこれらをたくさん食べている人は要注意です。抗酸化作用のあるビタミンやポリフェノールを多めにとるようにして皮脂の働きを抑え込みましょう。
飲酒量が多い人はアルコールにはワキガの臭いをきつくしてしまう効果があるので、飲酒量を控えたり低アルコールのものに切り替えていくと行きましょう。さらに肥満もリスク要因なので適度な運動をしながら体重を正常な値にしていくのも有効です。

ワキガの基礎知識を知りましょう

ワキのニオイの汗臭さが気になった時、ワキガかもしれないと不安になることもあるのではないでしょうか。自分がわきがかどうか確認するためにも、基礎知識を知っておきましょう。
一般的なワキのニオイは、気温が高い時や、緊張した時などにかいた汗によってニオイが発生しています。この汗は「エクリン汗腺」から出ている汗で、99%が水分になり、残りはミネラルや乳酸などで出来ています。汗と一緒に出た古い角質や皮脂などに雑菌がつくことでニオイが出るので、ワキを清潔にしたり、汗を頻繁に拭き取るなど対処することで、対処することができます。

ワキガは、「臭汗症」とも呼ばれ、一般的に出る汗とは違い、「アポクリン汗腺」から出る汗が原因になっています。アポクリン汗腺から出る汗は、白い乳白色をしている特徴があり、脂質やタンパク質を多く含んでいます。この成分と雑菌が混ざることで、普通のニオイよりもきついニオイがするようになっています。
日本人では10〜20人に1人がワキガの症状を感じていて、ほとんどの人は、遺伝によって発症しているといわれています。家族にワキガの人がいたり、耳あかが湿っていたり、洋服のワキの部分に黄色いシミがつくようなことがあれば、ワキガの可能性があります。自分では気づかないうちに、周りの人に迷惑をかけていこともあるので、基礎知識を知った上で、ワキガかもしれないと感じたら、皮膚科や形成外科などの専門医に相談してみるといいですね。