ワキガとストレスの関係

ワキガには遺伝的な要素が強いのですが、親族にワキガの人がいるからと言ってすべての人がワキガの臭いに悩んでいるわけではありません。食生活やメンタル面のコントロールなどで手術まで行かなくてもしっかり対策することは可能なのです。あまり気に過ぎるとこれが新しいストレスとなってますます臭いが強くなってしまうのであまり思いつめないことが大切です。
人間はストレスや極度の緊張に晒されてしまうと汗を大量にかいてしまいます。手汗で手のひらがぐっしょりと濡れてしまったり、冷や汗や脂汗が出てしまった経験のある人も中にはいることでしょう。この汗にワキガを強める原因があるのです。

ワキガはアポクリン腺という部位が刺激されて働きが活性化してしまうことで発生します。直接的な要因はこのアポクリン腺なのですが、精神的な状態に大きく働きが影響されてしまうのです。脇汗そのものはエクリン腺が発生させてしまいますが、こちらは臭いには直接かかわり合いはないものの脇汗が増えると臭いが広がってしまいますし、脇に雑菌が増えやすくなってしまうことで新たに臭いが強まる原因にもなってしまいます。
ストレスの原因は個人だけではなくすのは困難ですが、生活習慣を改善することはメンタルトレーニングでストレスに強い自分になることはできます。ワキガを気にしすぎるとこれ自体が精神的な負担になって臭いを強めかねないので、気楽に構えながら対策していくといいでしょう。