ワキガの原因はこれ

ワキガの嫌なニオイの原因は、多くの場合雑菌の繁殖にあります。人間の腋にはアポクリン腺と呼ばれる汗腺があり、そこから汗や皮脂などが分泌されますが、その分泌物に菌が繁殖し、ニオイの元となっています。

アポクリン腺は誰にでもあるものであり、その量や大きさなどによって、「ワキガ体質」かそうでないかが決まるといってよいでしょう。また、アポクリン腺は腋だけでなく、耳の中にも存在しています。あくまで目安ですが、耳の中が湿っている・耳垢がゆるいタイプの人は、ワキガ体質の可能性があるといわれています。

細菌の繁殖がニオイの原因となっていますから、体質だけでなく腋の下の状態によってもニオイの強さは変わります。湿っている・清潔でない状態であれば、菌が繁殖しやすくよりニオイが出やすいといえるでしょう。また、腋のムダ毛が濃かったり、処理をしていない場合も、熱や湿気がこもり、ニオイも発生しやすくなります。

また、アポクリン腺がそれほど多くない人でも、辛いものやアルコールを摂ることで、発汗量が増しニオイが出やすくなります。それ以外に、乳製品なども体臭を強める作用があるといわれています。

ワキガの原因が身体でなく、汗を吸った衣類にある場合も多くあります。汗を吸い込んだ繊維にも、腋と同じように細菌が繁殖してしまうからです。こまめに着替えて洗濯することでニオイの発生は防げますが、難しい場合は腋用のパットや衣類スプレーで対策ができます。