ワキガの基礎知識を知りましょう

ワキのニオイの汗臭さが気になった時、ワキガかもしれないと不安になることもあるのではないでしょうか。自分がわきがかどうか確認するためにも、基礎知識を知っておきましょう。
一般的なワキのニオイは、気温が高い時や、緊張した時などにかいた汗によってニオイが発生しています。この汗は「エクリン汗腺」から出ている汗で、99%が水分になり、残りはミネラルや乳酸などで出来ています。汗と一緒に出た古い角質や皮脂などに雑菌がつくことでニオイが出るので、ワキを清潔にしたり、汗を頻繁に拭き取るなど対処することで、対処することができます。

ワキガは、「臭汗症」とも呼ばれ、一般的に出る汗とは違い、「アポクリン汗腺」から出る汗が原因になっています。アポクリン汗腺から出る汗は、白い乳白色をしている特徴があり、脂質やタンパク質を多く含んでいます。この成分と雑菌が混ざることで、普通のニオイよりもきついニオイがするようになっています。
日本人では10〜20人に1人がワキガの症状を感じていて、ほとんどの人は、遺伝によって発症しているといわれています。家族にワキガの人がいたり、耳あかが湿っていたり、洋服のワキの部分に黄色いシミがつくようなことがあれば、ワキガの可能性があります。自分では気づかないうちに、周りの人に迷惑をかけていこともあるので、基礎知識を知った上で、ワキガかもしれないと感じたら、皮膚科や形成外科などの専門医に相談してみるといいですね。