汗臭いのとワキガは違うの?

すそわきが 対策

誰でも多かれ少なかれ体臭はある物です。中でも陰部がくさい場合は、すそわきが 対策 をしたほうがいいです。
薄着の時期になるとどうしても臭いに敏感になってしまう人も大勢います。特に夏場、気にする方が良いのが汗の臭いとワキガの臭いです。
どちらもあまり良い臭いではありませんが、両者には大きな違いがあるのをご存知ですか。

まず汗自体は元々気になるような臭いがするわけではありません。
通常の汗は体全体に分布しているエクリン腺から出てきますが、殆どが水分となっているので臭いを気にする必要はないと言って良いでしょう。
しかしそこに古い皮脂や角質があると、それらを雑菌が分解してくれます。そうして分解される時に、あの独特の汗臭い臭いが発生する事になります。
それを予防する為には、汗をかいたらすぐにタオルなどでふき取ったり、必要な場合はシャワーを浴びる様にしましょう。そうすれば汗臭い臭いが発生する事はかなり減ります。

しかしワキガの場合は単なる汗臭いのとは違います。ワキガの場合、汗はアポクリン腺から出て来ます。ココから出てくる汗には脂質やタンパク質等が多く含まれていて、それを雑菌が分解する時にあの独特の臭いが発せられます。
アポクリン腺は脇・性器周辺・耳の後ろなどに多く分布する汗腺なので、ワキガの臭いは特定の部分でしか感じられないという事になるのです。

あまり良くない臭いだという事では共通している汗臭さとワキガですが、実際には臭いが発生する部位、汗の成分、臭いの種類等様々な点で違いがあります。

食べ物とワキガの関係について

人間は食べたもので出来ていますから、食べ物とワキガについても関係があります。毎日の食生活でワキガの状態に変化があることは十分に考えられます。その原因として考えられるのが動物性脂肪などの脂肪分です。なぜなら、ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗であり、その成分で多いものが脂質であるからです。アポクリン汗腺を刺激するような食べ物を食べ過ぎてしまうと、自分で原因を増やしてしまうことになります。アポクリン汗腺を刺激するようなものを食べ続けていれば、どんどん臭いが気になってきます。そのため、肉や脂っぽい食事が多い方の場合、別の対策を色々としていても、その効果は薄れてしまうことになります。

動物性脂肪がよくありませんので、肉や乳製品などはあまりよくありません。乳製品はスイーツやピザなど様々な食べ物に使われているため、意識していないけれど沢山食べているということも考えられます。ラードやバターなど動物性の油脂は控えたほうが良いです。また、リノール酸も控えたほうが良いため、リノール酸が多く含まれているマーガリンやマヨネーズ、スナック菓子なども控えたほうがよいです。

決定的な対策にはなりませんが、食生活を改善することで臭いを軽減できることが期待できます。動物性脂肪を減らすためには、肉や乳製品を控えるほうが良いですが、だからといって栄養バランスが悪くなっては困ります。栄養バランスは崩さないように肉を控えて魚を増やすなどの工夫をしましょう。